この記事は約 1 分で読めます ( 約 265 文字 )

対●忍アサギ僕の継母は牝ブタでした。

記事の概要

この記事では、「Arion Canvas」様の「対●忍アサギ僕の継母は牝ブタでした。」の感想を書いたサイトについてまとめていきます。

作品の情報

タイトル
対●忍アサギ僕の継母は牝ブタでした。
製作者
Arion Canvas
キャッチコピー
対●忍アサギとサクラは過去に妖魔の肉便器として性感帯を改造されている。 肉欲に溺れそうな意識に抗いながら緊急に地下都市ヨミハラへの潜入工作へと赴く。 基本CG56枚(差分588枚)
公式サイト
Arion CanvasのBlog
入手先

感想を書いたサイト一覧

製品版の感想

対●忍アサギ僕の継母は牝ブタでした。 (製品版) : 111のデジ同人感想
[対●忍アサギ僕の継母は牝ブタでした。]の製品版の感想です。プレイしてみるとこれが割と「悪くない」(抜きん出て良くもないが)今作を楽しむ為の一大テーマを掲げておくと、これは『一度堕ちた戦うヒロインが、蘇る快楽に身を焦がしながら進むエロRPG』です。原作のアサギ自体がそういう所ありますが、RPGとして構えると、[風紀剣士アサギ]が設定的に少し匂わせたりもしますが、きちっと冒頭で堕とされた過去が語られ、(お馴染みの)感度3000倍となった事で、ふとした刺激ですぐ快楽に流されて意志が折れてしまいアヘってしまう、とここまでしっかりやるのはそうそう無かったのではないかと。ここだけは終始徹底していたと思います。